FIRST SONIC STATION
                                                                                                                                          Sorry, Japanese only
ご案内
サイト案内
プロフィール
参加イベント情報 new リンク
同人 new [予 備スペース]
[予 備スペース] [予 備スペース]

コンテ ンツ
音楽 イラスト
鉄道
BVE
 

                                                                                                                                                      トップへ

BVEボカロ鉄道車両紹介>ボカロ鉄道400系・500系

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。    

voc400look  ボカロ鉄道400系
  
望華林園 音の森(ぼうかりんえん おとのもり)〜夜羽根(よわね) 間三複線化、
  および、100系初期製造車置き換えのために投入された。
  VVVFインバータの回路素子にIBGTを用いたタイプが初めて採用された。
  試作車3編成が異なるメーカーの装置を搭載しており、
  第2編成が量産のベースとなった。
 
  編成図
  ←凛麗院                        鏡音台→
       <                       >
  / 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 \
    Mc1  M1   T1    T2   T3   T4    M2  Mc2




voc500look  ボカロ鉄道500系
  望華メトロ亞北線直通用の100M系置き換えのために投入された。
  車両設計や内装は400系とほとんど共通であるが、
  貫通扉設置による前面のデザインやATC搭載などの差異がある。

  編成図は400系に同じ。








 


voc400cp   400系運転台
  本形式からLCDモニターを3機連結したグラスコックピットが採用されている。
  
  500系運転台
  基本的には400系と同じであるが、ATCが表示される点が異なる。











voc400  内装
  床は通路部分に4色ドットが施され、
  扉部分は黄色の注意喚起塗装となっている。













voc400seat  座席
  片持ち式となったほか、仕切りが大型の一枚板に変更となった。
  今後バケットシートに変更予定。
  












voc400info  案内装置
  広告用・案内用の2機のLCDパネルを搭載するほか、
  扉動作警告灯が設置された。













voc400sabo  行き先表示機
  フルカラーLED式となったほか、
  窓は熱線・UVカットの緑色ガラスが採用されている。










inserted by FC2 system